乳酸菌と腸内フローラについて

健康番組が増えてきて、聞く機会が増えた腸内フローラとは、どのようなものか知っていますか?腸内フローラを美しく保つことが、腸内環境のベストな状態だといわれています。腸内フローラと乳酸菌についてご紹介します。

 

腸内フローラって何?
耳にする機会は増えていても、腸内フローラってどんなものなのか…詳しく知らないですよね。名前の通りなのですが、腸内のお花畑のことです。腸内には、様々な細菌が存在しています。なんと…600兆個越えともいわれています。腸の中にそんなにも…と驚くかもしれませんが、人間の身体はそのようにできています。そして、その細菌たちは、象徴と大腸に、グループを形成しています。そして、腸の壁に張り付いているのです。その様子を顕微鏡で覗いたときに、まるでお花畑のように見えることから、「腸内フローラ」という名前がつけられました。まるっきり同じ腸内フローラを持つ人はおらず、人によって違うお花畑が形成されています。生活習慣の違いもありますし、生まれ持った体質でも異なります。個人差があり、個性の一つではないでしょうか。

腸内フローラを整えよう

腸内フローラというと、何だかいい響きに感じますが、乱れている人も多いです。善玉菌が優位でいなくてはならない腸内で、悪玉菌が活発に動いている状態では、キレイな腸内フローラとはいえません。個人差があるとしても、細菌の種類やバランスが保たれていないといけないのです。
腸内だけの問題ではなく、乱れた状態で発生した有害物質は、腸の壁から全身へと吸収されていくため、生活習慣病のリスクを高めたり、老化を早めるなどといった問題が起きてしまいます。また肌荒れも、内側から有害な物質を排出しようと発生する吹き出物など、腸内環境も乱れが原因となることも多いです。

 

腸内フローラを美しく保つには…やっぱり乳酸菌

腸内フローラを美しく保つことが、健康や美容にもいいことです。そこで役立つのが、やはり乳酸菌ですね。乳酸菌は腸内環境をよくしてくれます。善玉菌がまた優位な状態へと戻ってくれるので、理想的な腸内フローラを作り上げてくれるのです。その状態を常にキープしておくことは難しいですが、乱れがひどくなると改善にも時間がかかります。
乳酸菌は毎日欠かさず摂取するほうがいい、といわれていますよね。腸内環境はちょっとしたことで変化してしまいます。常にバランスを保てるよう心がけ、美しいお花が咲いた腸内フローラをキープできるといいですね。